施術方法

ご注意
フーレセラピーの技術は、見よう見まねで行うとケガなどに
つながる場合がありますので、絶対にまねしないでください。




太ももの内側ふくらはぎの内側

ashi1.jpg

太もものつけ根から足先に向かって、ほぐしていきます。
太もものつけ根は疲労物質が溜まりやすい場所です。
手では触れにくい場所ですが、足でしっかりとほぐすことができます。




太ももの外側

ashi4.jpg

腰や膝に負担がかかっている人は、この部分が緊張します。
硬くなった筋肉を、少しずつほぐしていきます。




ふくらはぎの外側

ashi3.jpg

足の裏全体を使って、筋肉を圧迫していきます。
硬くなった筋肉が、徐々に柔らかくなるのが感じられます。




お尻

hip.jpg

体を左右に揺らすことで、でん部だけでなく
背中も同時に緩めていくことができます。




足うら

ashiura.jpg

身体の疲れを足の裏から解きほぐします。
内臓機能の活性化も期待できます。




背中

senaka.jpg

背中をなでるような、足使いです。
優しい刺激のようですが、筋肉の緊張をほぐします。
背中の緊張を取り除くことにより、
血液やリンパの流れが促進されます。






kata.jpg

指の付け根の部分を使い、体を前後に揺らしながらほぐします。
強い刺激であはありませんが、全身に振動が伝わることにより、
効率よく筋肉の緊張を取ることができます。




その他

他にも、いろいろな施術方法がございます。
手での刺激にはない感覚ですので、
是非一度、体験されることをおすすめいたします。





フーレセラピー瑞希☆TOP PAGE


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。